R Antiques

NEWS

太田昭夫 買取させていただきました

11 .13 .2021

鎌倉の骨董屋R antiquesです。

太田昭夫の作品、大磯在住のお客様から
買取りさせていただきました!

太田昭夫は1930年(昭和5)大阪市に生まれました。
漢学者の祖父、日本画家の父のもと、
幼い頃から漢籍や芸術に親しんで成長します。

大阪市立工芸学校に入学しますが
終戦末期の大阪大空襲で一家は罹災。

まだ学生だった彼が体験した空襲の経験は
言うまでもなく先の人生に大きな影響を及ぼします。

その後、母方の親戚が住む奈良に移り、
46年、奈良県工芸伝習生木彫科に入学しました。

23歳の時「鹿」が日展に初入選、
それ以降、鹿をモチーフに多くの作品を発表していきます。

作品はクスノキが多く用いられました。

古くから神木として崇められていた素材で
嵐などで倒れたり、
何らかの事情で切り倒された神木がアトリエに運ばれ、
これを材として制作することもあったそう。

のみ痕を残し
彩色などは施さない素地仕上げが特徴で、
とくに晩秋の闘う雄鹿のモチーフを好みました。

ですが今回買い取らせていただいた
雄と雌、二体の双鹿、
闘争的な鹿とは程遠く
なんともおおらか…!

どこか自然の中で休憩しているように
太田昭夫の作品の中でも珍しい
優しげな印象が前面にでた貴重な一品。

見ているとこちらもほっこり…^ ^

日々、自然に生きる鹿のスケッチのために
春日野へ足を運ぶ一方、
1988年58歳で没するまで、
水墨画や執筆活動によっても自らの思想を発表し続けました。

この彫刻からは
太田昭夫のまたイメージの違う一面を
垣間見させていただきました。

 

 

 

R antiques では
太田昭夫の作品、買取りいたします。

鎌倉、逗子、葉山、藤沢、辻堂、茅ヶ崎、平塚、大磯、小田原などの地域の骨董品の買い取りも行っております。

何かございましたらお気軽にご相談ください。

 

0467-23-6172
info@r-kamakura.com