R Antiques

NEWS

木内克 買取させていただきました

11 .21 .2021

鎌倉の骨董屋R antiquesです。

木内克の作品、鎌倉在住のお客様から
買取りさせていただきました!

木内克はテラコッタという
今までになかった素材を用いて
当時の彫刻界に独自の世界を切り開いた人物です。

彼は1892年、昭和20年代の
茨城県水戸市に生まれます。

少年時代から絵を描くことが好きだった木内は
20歳で退学をして
彫刻家の道へ歩み始めました。

その後24歳で作家の登竜門である文展に出展し入賞、
それから同展に毎年入賞を重ねていきます。

そして29歳の時、
今後に大きな影響を与えることとなる
パリの研究所への滞在が決まりました。

滞欧中に木内は、
古代ギリシャの素焼きの彫像を見て
それらの持つおおらかでいて、
ぬくもりの宿った魅力を発見します。

彼の作品の代名詞とも言える
テラコッタの作品は
この地でひらめきを得たんですね。

この作品を見ても、
まるで遺跡から出土したような、
伸びやかで、原始的な美しさを感じるのは
そんなルーツを知ると思わず納得です!

渡欧から帰国後、上野にアトリエを構え、
テラコッタ技法を研究、制作を重ね、
肺炎で84歳で亡くなるまで、
数々の彫刻作品を生み出し続けました。

彼は著書、『木内克の言葉』の中で

『ぼくは彫刻というものは
 宝石を入れる箱であると思っている。』

と語っています。

 

絶えず何かに惹かれる心と
自分ならではの作品を探求し続けた木内の作品は

今なお目の前にしても褪せずに
とてもキラキラとして映りますね。

 

 

R antiques では
木内克の作品、買取りいたします。

鎌倉、逗子、葉山、藤沢、辻堂、茅ヶ崎、平塚、大磯、小田原などの地域の骨董品の買い取りも行っております。

何かございましたらお気軽にご相談ください。

 

0467-23-6172
info@r-kamakura.com